ランラン研究所

50代サブスリーランナーのマラソン日記

SPONSORED LINK

           

安静時心拍数は体調のバロメーター

こんにちは。

マコリーです。

 

 

 

AM4:00起床  心拍数44  快晴

 

5時間半睡眠

 

 

今日は

 

朝ジム二本立て

 

 

AM4:30スタート

エアロバイク

29.8km(60分)

f:id:risa-ken:20171219071359j:image

 

 

ステップマシン

40分

f:id:risa-ken:20171219071438j:image 

 

一昨日、

一週間ぶりに走って、

後半少し痛いのに無理したせいか

右足甲に若干の痛みが残っているため、

今朝は自重して走らず。

 

今朝も外は氷点下の寒さなので

寒い中、完全防備で走るよりも

あったかいジムで大汗かく方が快適だと

プラスに考えれば、

ジムでの単調なトレーニングにも大きな価値を見いだせるかな。 (~_~;) 

 

 

 

さて、 

今日のお題は

安静時心拍数

 

このお題、

ブログを始めたころに一度やったのですが、

他にネタが無いので

今日もやります。(*´-`)

 

私の場合、毎朝

目が覚めたらすぐ、

布団から出る前に計測します。

 

こうして、一定条件で長いこと続けて観測していると、

その値の変化から

何となく見えてくるものがあります。

 

 

特別なことがない限り、

平均的には45〜48で推移しますが、

 

レース当日や前日など、いい感じに

疲労が抜けている時

41〜44

と低め。

(希に40以下ということもあるが、このまま心臓が止まっちゃうんじゃないかと、それはそれで心配。w)

 

 

逆に

疲労が溜まっている時

49〜51

と少し高め。

 

更に、

二日酔いカゼで発熱した時などは

52以上

とかなり高い。

 

非常に分かりやすい変化を示してくれるので、

体調を把握するのに役立ちます。

 

例えば今日は44だから、

昨日完全休養日にしたので

身体が休まって疲労が抜けてるのかなぁ?ってね。

 

 

ただ、

未だに読めないのは、走りとの相関性。

 

どういうことかと言うと、

 

例えば心拍数の値が低い日なら

必ず良い走りができるかというと、そうとも限らないし、

また高い日でも

絶好調ということが時々あります。

 

 

結局は、気の持ちようなので、

起床時に心拍数が高いからといって今日は体調が悪いからダメだと諦めず、

とりあえず予定していた練習をやってみることが大切だと思います。

 

案外いい走りができちゃたりします。

 

皆さんもそんな経験ありませんか?

 

 

 

筋トレ

プランク6分×2セット

パワーブリーズ30×2セット

スラックライン15分

クランチ50×2セット

 

 

 

今日もランラン研究所へお越しいただきましてありがとうございます。
また来てくださいね〜!