ランラン研究所

50代サブスリーランナーのマラソン日記

SPONSORED LINK

           

パラアスリートのプラス思考に感服

こんにちは。

マコリーです。

 

 

 

AM5:00起床  心拍数46  快晴

 

6時間睡眠

 

今朝も

 

足が着地衝撃を受けないよう

 

走らず、

 

ジムで

 

エアロバイク

20.1Km(43分)

f:id:risa-ken:20171129074540j:image

 

 

 

ところで

東京パラリンピック開幕まであと1,000日

今日はそれにちなんだ話題です。 

 

以前、視覚障がい者ランナーとのふれあいを通じて、

その前向きな姿勢に感銘を受けたということをお伝えしましたが、

今日は競泳選手のお話です。

 

 

(今朝のNHKニュースから)

 

東京パラリンピックを目指す競泳選手

f:id:risa-ken:20171129120337j:image夢先生の紹介|スポーツこころのプロジェクト

 

高校2年生の時に、

進行性の網膜の病気を発症し、

わずかに感じる光と杖を頼りに日常生活を送ってきました。

 

ところが今年、病が進行したため

物の輪郭がほとんどわからなくなるぐらいまで病状が悪化し、

これまでは自分でできていた身の回りのことも

周りの人の手を借りることが多くなりました。

 

視力が徐々に失われていく恐怖感。

そんな状況でも富田さんは希望を捨てません。

 

パラリンピックでは障害の重度によってクラス分けされているため、

今までは障害の最も軽いクラスで戦っていた富田さんは、病状が悪化したことにより

これからは障害の最も重いクラスで戦うことになりました。

 

しかし富田さんは、

それをむしろプラスに考え、東京パラリンピックでメダルが狙えるチャンスと捉えて

インタビューにこう答えています。

 

「他のことでは、障害が重くなって喜ばしいことなんて絶対にないけれど、パラリンピックがあったお陰で障害が重くなっていくことをプラスに捉えられたのは本当に大きかった。」と。

 

富田宇宙。

 

その名の通り、無限の可能性を感じさせてくれるこの競泳選手を

今後も応援したいと思います。

そして金メダル獲得を祈ります。

 

 

 

 

さて

私の方はというと、

故障でまともに走れていないのに、

スイーツです…   (๑˃̵ᴗ˂̵)

 

f:id:risa-ken:20171129215450j:image

 

f:id:risa-ken:20171129215515j:image 

頂き物の

ガッツリ肉厚ジャンボ板チョコ

*(^o^)/*

 

 

 

ということで

 

夕食後、

 

懺悔のジムへ。 (笑)

 

 

本日二回目の

エアロバイク

22.9km(60分)

f:id:risa-ken:20171129231004j:image

 

 

  

筋トレ

プランク6分×2セット

パワーブリーズ30×2セット

クランチ50×2セット

 

 

 

 

今日もランラン研究所へお越しいただきましてありがとうございます。
また来てくださいね〜!