ランラン研究所

50代サブスリーランナーのマラソン日記

SPONSORED LINK

           

【マラソン日記】レジェンドの言葉は荘厳の極み

こんにちは。

マコリーです。

 

 

 

 

AM5:00起床  心拍数50

 

6時間半睡眠

 

起床時に

昨日のような

喉の痛みはなくなっていましたが、

体調は

予想通り⤵️⤵️

 

今日は走らず

 一日おとなしくしてようかな

なんて考えていたら、

フッと

レジェンドの言葉を思い出し、

過去の雑誌を読み返していたので

スタートが遅れました。

 

レジェンドのお話は

また後ほど。

 

 

AM6:41スタート  曇

ジョグ 15.2km(90分)[㌔5'56"ペース]

f:id:risa-ken:20170907110343j:image

体調BADなので

30分でもいいやと思い

とりあえずスタートしてみると、

これが意外に走れてしまうもので

もうちょっと、もうちょっと

と欲が出て

結局15キロ走れました。

 

でも帰ってきたら

さすがにぐったりで、

寝床へ一直線…。  (@_@)

 

 

 

それではレジェンドのご紹介です。

 

どんな世界にもスゴイ人がいますが

マラソンの世界でもたくさん存在します。

 

中でも私がリスペクトしている

保坂好久さん(68歳)は

フルマラソン年齢別世界記録保持者

  • 59歳の部(2時間34分23秒)
  • 60歳の部(2時間36分30秒)
  • 61歳の部(2時間38分12秒)

 

この方がやっている練習の基本は

下り坂インターバル走で、

これを毎日欠かさないそうです。

 

ただでさえ身体への負担が大きい

インターバル走を

毎日、

しかも

これまた脚へのダメージが多大な

下り坂で… 。

 

「保坂さん、こんなハードな練習を毎日やられていて故障の心配はないんですか?」

 

と聞かれることがあるそうですが、そんな時は

 

「ケガが怖いヤツは家に帰って寝てろ」

 

って言ってやるそうです。

 

 

今朝走らずに

休んじゃおうかなぁ

なんて思っていた私の頰に、

気合注入ビンタを見舞ってくれたのは

まさしく保坂さんでした。

あたかも、

プロレス界のレジェンド

アントニオ猪木がそうするかのごとく…。

  

 

保坂好久さんをもっと知りたい方は  ↓

ランナーズ 2017年 06 月号 [雑誌]

ランナーズ 2017年 06 月号 [雑誌]

 

 

 

 

午後

そこそこ

疲労回復したので

走りました。

 

PM2時34分スタート  雨

ジョグ 20km(114分)[㌔5’40”ペース]

f:id:risa-ken:20170907174336j:image

本日のトータル 35.2km(204分)

 

保坂さん

 

妄想ビンタが

 

効いたのか

 

絶好調でした。 !(^^)!

 

 

 

さて、

 

きのう

 

スイーツ解禁しましたが、

 

今後は

 

以前のように

 

毎日ではなく、

 

週に3、4回 程度と

 

少し控えめにしてみようかと…。

 

よって

 

今日は

 

無しです。

 

 

 

筋トレ

ランジウォーク300歩(中6日)

プランク6分×2セット

  

 

 

 

 

今日もランラン研究所へお越しいただきましてありがとうございます。
また来てくださいね〜!