ランラン研究所

50代サブスリーランナーのマラソン日記

SPONSORED LINK

           

ショートインターバル走は速筋の遅筋化に有効!ってホント?

こんにちは。

マコリーです。

 

 

 

 

AM6:30起床  心拍数50  晴れ

 

8時間半睡眠 

  

今日は睡眠優先のため

 

朝ランはお休みです。

 

 

 

それでは早速

昨日の続きです。

 

200mのショートインターバル走は

今までほとんどやったことがなく

私にとっては新しい練習なのですが、

なぜ今まで限界スピードを上げるための練習をしてこなかったかというと

50代のおやじにはもう無理なのかなと
諦めていたからです。


ところが先日、
諦めるのはまだ早い。

 

限界スピードの向上は難しいとしても、

鍛えようによっては

そのスピードを維持して走れる距離を

延ばす事は可能である

という興味深い情報を入手し、
それならばと試してみたくなったわけです。 

 

その情報で紹介されていた練習法が

まさに200mのショートインターバル走だったのですが…。

 

200メートルという短距離をほぼ全力で走るときに稼動するのは、

速筋という短い時間に強大な力を発揮する筋肉ですが、

そもそもそこまで速いスピードで走ることなど無いフルマラソンで

瞬発力を鍛える意味があるのか?

という疑問が湧いてきました。

 

実はこの速筋

昨日やったインターバル走を繰り返しおこなうことで

瞬発力のほかに、持久力も向上するそうなのです。

 

本来、持久力を発揮するのが得意な筋肉は

遅筋と言われていますが、

速筋は鍛えようによっては

遅筋に近い性質も帯びてくるらしいのです。

 

そしてその結果

限界スピードで走れる距離を

延ばすことができるということです。

 

すなわちこれが

速筋の遅筋化』と呼ばれていることのようで、

確かに瞬発力に長けた速筋という兵士が
持久力という武器を手に入れたら

まさに鬼に金棒ですよね。

 

 

今後、週に一度のペースで一か月ほど続けてみて

このことが自分にも当てはまるのかどうかを、

検証してみたいと思います。

 

すでに年齢的に頭打ちの感がある

5000mや10kmなどの短い距離のタイムに、

果たして変化が出てくるのか

乞うご期待です。

 

 

 

ちょっと硬めの話題が続いたので

 

この辺で久しぶりに

 

マコリーの漢字って感じ〜 (^.^)/~~~

をやりますね。

 

前回さかなへんの漢字が

 

出てきたので

 

今日もそれつながりで

 

 

ヒント:この名前の人、たくさんいます

タナカ?

サトウ?

 

分かっちゃいましたね!? 

 

答えは明日のブログで~

 

 

 

今日もスイーツ

 

無しで、

 

代わりに

 

f:id:risa-ken:20170828105117j:imageひれかつサンド

 

私カツサンド大好物なので

 

しょっちゅう食べますが

 

ファミマ

 

これが1番好きです。 (*^^)v

 

 

 

筋トレ

プランク6分×2セット

 

 

 

 

今日もランラン研究所へお越しいただきましてありがとうございます。
また来てくださいね〜!