ランラン研究所

50代サブスリーランナーのマラソン日記

SPONSORED LINK

           

5000mで19分切れなくてもサブスリー大丈夫!

お元気ですか〜 (^.^)/~~~ 

 

マコリーです。

 

 

 

AM6:30起床  心拍数47  晴れのち曇

 

8時間半睡眠

 

起床時に、

 

左足底筋の持病は

 

違和感程度で、

 

全身疲労も

 

特にひどいということはなかったのですが、

 

今朝は走らず

 

休養日にします。

 

 

 

今日は昨日やる予定だった、

 

タイプ別の

 

具体的なトレーニング法について

 

研究していきたいと思います。

 

 

まずは

 

独断と偏見により分類した

 

4つのタイプを

 

おさらいしておきましょう。

 

タイプ1:スピードもスタミナも有る型
タイプ2:スピードはあるがスタミナがない型
タイプ3:スピードは無いがスタミナが有る型

タイプ4:スピードもスタミナも無い型

 

でしたね。

 

 

最初は
タイプ1


ここに入る人は、
サブスリーと言わず、もっと上を狙える実力者
そのレベルの方に、
私がどうこう言える立場ではないので…  (汗)

ここでは割愛させていただきます。

 

 

次に
タイプ2


5000mを19分切れるスピードがあるなら、
もうそれ以上のスピードは不要。

羨ましい限りです。


あとはレース後半でも失速しない脚を作るために、
例えば一度に走る距離を

意識して長くしてみるとか、

ポイント練習後のダウンジョグを長めにしてみるとか?

さらには30km走で失速して終わることなく、

余力を残して走り切る練習をしてみるとか…  。


スピードの無い私が言っても説得力ないかな…?  (苦笑)

 

 

お次は
一つ飛ばして
タイプ4

 

5000mで20分30秒を切ったことが無く、
しかも月間走行距離200km未満の場合は
総合的なレベルアップが必要かも?


まずはとにかく距離を踏むことですかね。

 

とは言うものの、

一気に走行距離を増やすことは、

故障の原因になりますから

月間走行距離でいうなら、

前月の2割増しまでにしておきましょう。

例えば今月200kmだったら来月は1.2倍の240 kmまでという感じです。

 

そしてコンスタントに月間300kmを走れるようになったら、

少しずつスピード練習も取り入れていきます。


焦らずじっくりと、
少し長い目で見て
やっていくといいですよ。

 

 

そして最後は

タイプ3

 

もしかするとこのタイプの人が、
私も含め一番多いのかも?


具体的なトレーニング法など
話せば長くなりますので、
今後少しずつ
過去に私がやってきたことなどを

ご紹介していきたいと思います。

 

そして

スピードの無い、こんな私でも
サブスリーが達成できたのだ

ということを知っていただき、


スピードが無いと嘆いている方々に
少しでも勇気を持っていただければ
このブログの存在価値があったということで、
大変嬉しく思います。 

 

 

 

 今日もスイーツ

 

食べなかったものの、

 

夕食で

 

f:id:risa-ken:20170731210613j:image

はちみつチーズトースト

&

コーンスープ

 

を、セットで衝動食いしてしまったので

 

いつものように

 

ジムで

 

エアロバイク

20km (45分)

f:id:risa-ken:20170731215442j:image 

 

 

 

今日もランラン研究所へお越しいただきましてありがとうございます。
また来てくださいね〜!